忍者ブログ
小説などのネタ帳
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前に自分で描いた絵が元で出来たパロディです
ラルフ先生拉致・・・!しかし俺に美人は描けぬ・・・!!!!!
とりあえず画像は暗め、意外と背景の蜘蛛の巣がうまく描けたがよく見えないというね!!!
すみませんイトさん、苦情はいくらでも受けますですorz
因みに、絵のオマケというかSSを書き下ろし!
挿絵風にしてみたというかやってみたかったんですごめんなさい・・!!!



闇に浮かぶ白い糸
私の仕掛けた、獲物を狩る罠
その罠に、今宵も私の餌がかかった

「・・・まさか、貴女だったとは・・・」

あァ・・・あんなにも、近づいてはいけないと言ったのに

「っ・・・貴方に、逢いたくて・・・」
「・・・貴女という方は・・・」

私は彼女を糸から離し、その華奢な身体を抱きとめた
暗闇に差し込む月光が、私と彼女を照らしている

「ごめんなさい・・・どうしても、どうしても貴方に逢いたくなってしまったの・・・」
「・・・いけないお嬢さんだ・・・夜は来ないと、私と約束したでしょう・・・?」
「っ・・・何故いけないの!?夜でも別にっ」

顔を上げたお嬢さんから逃げるように、私は彼女から離れ・・・背後から再び彼女へと忍び寄った

「夜は・・貴女にとって、とても危険な時間なのですよ・・」
「そんなことっ・・・貴方が傍にいてくれるのなら私はっ」
「・・・それが一番、危険だといっているのです」

振り返ろうとした彼女を抱きこみ、私は耳元で囁いた

「貴女は私が何者か・・・知っていますか・・?」

私は彼女の白く細い首に手を這わせ、その感触を確かめた
とても柔らかく、白い肌
私とは比べ物にならないほど、華奢で細い手
あァ・・・何という、上質なる餌だろう

129.jpg

「私はね、お嬢さん・・・貴女のような方を食らう、卑しい蜘蛛なのですよ・・・」

美しい翅をもつ蝶よ
私の言葉を聞いて、貴女は一体どうするでしょう?
逃げようとするだろうか?それとも命乞いをするだろうか?
それとも貴女は・・貴女を食らおうとしている私ですら、受け入れてしまうのだろうか?
どちらにしても、私は今宵・・・貴女を食らう事だろう
狂おしいほど愛おしい貴女を、私だけのものにするために・・・



------------------------------------
・懺悔・
最早後悔と自己満足が織り交ざってどうしたもんかな状態ですorz
ハハハハハ!蜘蛛×蝶楽しすぎた!!!!!
すみませんイトさん、激しく俺得ですサーセンorz
もう!お爺ちゃん歳考えなよ!(お前が勝手にやったんだろ)
しかもSSに挿絵って、もうすみませんホンと謝るしかないよねー!!!
マジ楽しかったですゴメンナサイorz

拍手[0回]

PR
Comment
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/15 backlink service]
[02/01 影ノ虚]
[01/14 Nigh-t-rA]
[01/10 影ノ虚]
[01/10 影ノ虚]
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
カウンター
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]