忍者ブログ
小説などのネタ帳
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近小説を書いていなかったのでリハビリがてら魔王な影之
あぁ、うん、色んな所で魔王が流行してたので、つい
ただコラボは無理だった、絡み方わからんよ←
内容的に、魔王誕生的なノリになった(待て)
そして前記事の魔王影之に拍手パチパチありがとうございます、結婚して(待て)

大切なモノが出来ました


「影之さん」


それは掛け替えの無いモノです


「影先輩」


私にとってどうしようもなく愛しいモノ


「影之」


それと同時に
私にとって・・・と て も お そ ろ し い も の










~闇に落ちる飛沫~






「・・・影之」

どうしようもなく、恐ろしかった

「・・・須旺・・・私は・・・」

内に宿る、黒いモノが
私の周りにいる、他者の思考が

「私、は・・・」

愛しい愛しいモノがいるこの世界を、失う事が

「・・・まだ・・笑えて、る・・・?」

返事はない
その代わり、ふわりと背後から回された両の腕
仄かに香る・・・澄んだ水の匂い

「・・・私は・・・」

もう、笑えていないのだろうか
ならば今、私はイッタイ・・・ドンナカオヲシテイルノカ

「・・・須旺・・・」

相変わらず、返事はない
けれど、答えるように両の腕に力が篭った
海の見える綺麗な浜辺、夕日に照らされた草原
満月が眩しい夜の町、雪化粧をまとった山々
あの子の笑い声、あの人が呼ぶ声
彼の怒った顔、彼女の泣き顔
まるで走馬灯の如く駆け巡る、様々な情景
・・・痛い、イタイ、いたい
頭に、胸に、心に
狂わんばかりに、痛みが走る
・・・もう・・・私は・・・

「・・・駄目、なんだろうね・・・」

臆病者で、弱い自分
人が怖いくせに、人を棄てきれない自分
一度手にした幸福に縋る、愚かな自分

「・・・ねぇ、須旺・・・」

いっその事、全て無くしてしまえばいい

「還ろうか・・・深い深い、水底へ」

何もかも、全て

「・・・お前が望むなら、そうしよう・・・」

重なる感覚と、水の滴る音
頭の中で、まるで波紋を描くように広がる・・・音・・・
音が広がるたびに、私の中から痛みが消えていく
ゆっくりと、消えていく
静寂に包まれる、私の心
ああ、なんと心地良い事か
・・・けれど
この静寂は、いつまでも続く事はないだろう
静寂を壊すモノを、破壊しなくては

「・・・この世界を、無に・・・」

そうすればもう、何かに怯える事すらなくなるだろう

「大地よ・・・暗き水底へ沈むがいい・・・」

沈め沈め、水底へ
何もかも、全て闇へと還るがいい
我が望みは、ただそれのみ

拍手[1回]

PR
Comment
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [122]  [121
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/15 backlink service]
[02/01 影ノ虚]
[01/14 Nigh-t-rA]
[01/10 影ノ虚]
[01/10 影ノ虚]
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
カウンター
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]