忍者ブログ
小説などのネタ帳
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

此処最近悶々と考えてポメラさんに打ち込んでいたものを晒すぜぇえぇぇぇ!!!
CSをRPGに考えたらと書いてるけども、とりあえず自分のところ(影之)のみですのよ!!!!
箇条書きというかもうノリと勢いで書いたもんだから読みにくいと思われますがすみません!!!
とりあえず、上様もCS化させてぇんだよ…。
では長いので追記おくりぃぃあぁぁ!
裏切りネタもいきたいんだがな…!!

‡CSを本格RPGにしたら‡

・鳳凰を守り神として奉る里「天鳳郷(てんほうきょう)」
世界に災いをもたらす神が封じられていると言われている山「天鳳葬山(てんほうそうざん)」の麓にある。
町並みは古来の中国の建物で、衣服は和服とチャイナと和中混ざったようなのが基本。
食べ物は和食が主。
里の奥、山の麓には災いをもたらす神を封じたとされる鳳凰を奉った神社「蒼黒神社」が存在し、その神社には代々鳳凰を奉る神官の一族が住んでいる。

・天鳳葬山
その昔、世界を滅ぼさんとした神を蒼天黒誠鳳凰の力を借りて蒼黒神社の始祖がこの山に封印した。
山登り不可(エベレストに登頂するようなモン)外
から上るのは無理だが、山の内部には山の頂上へ続く道と山の地下へ続く道がある。
しかし内部は悪鬼の巣窟であり、特に山頂と地下は危険。
山頂へいく内部の道と地下へいく内部の道は入り口が別。
山頂へ行く道の入り口は、本殿の後ろにある大きな鳥居が目印。
山頂へ行く道はいわばダンジョンで、魔物等は普通にいる。
でもその魔物がダンジョンからでてこれないよう、鳥居には特殊な結界術が施されている。
山頂には祠が存在し、祠にはご本尊の長刀が納められている。
この長刀は天鳳葬山に神を封じる際に、要として鳳凰より授かったとされている。
封印の力が弱まれば、天鳳葬山に巣くう魔物たちが凶暴化し、力もます。
再び元に戻すには、鳳凰を呼び出せる神代が祠に赴き、祈祷をしなければならない。
そして地下へ行く為の内部への入り口は「蒼黒神社」のどこかに存在するが、その入り口をしるのは神主と神代と薬師頭の三人のみ。
地下へ行く道は山頂へ行く道よりも遙かに凶悪、強力な魔物の巣窟であり、地下に何があるかは定かではない。
※地下への道はRPG後半であるイベントをきっかけに解放される

山の内部は貴重な薬草、様々な薬に活用できる苔やキノコ類が豊富。
山の外部でも同じ種類のモノは採れるが、内部の方が格段にモノが良い。

・蒼黒神社を取り仕切る一族「(名前まだ未定)」
最上位クラスの鳳凰「蒼天黒誠鳳凰」と契約を交わし、神を封じた者「天鳳(てんほう)」を始祖に持つ。
一族の血筋の者はみな召喚術が使える。
薬の知識も優れており、傷薬程度なら調合余裕。
神主は一族の中から選ばれる。
その基準は、一番強い式魔を使役している事。
因みに神代は一族の中では基本1人だけ。

・神代
産まれながらにして、蒼天黒誠鳳凰を使役している者が必然的に神代になる。
また、神代となる者は性別がない。
外に出てはいけない訳ではないが、出る際は必ず守役がつく。
普段は神社の奥殿の隠し部屋で過ごしている。
外に出る際は、顔隠しの狐面を被る。
神代は精神的にもろく、それが肉体にまで影響してくる時がある。
故に虚弱、短命である。
しかし神代は死なせるわけにはいかない理由があるため、最低でも10年は薬を使って生きながらえさせる。


□影之仲間入りルート□

・最短ルート
聖裏ちゃんが仲間ならトントン拍子に話が進む(その上影之の所まで顔パスでいける)
朱月ちゃんが仲間でもいけるが、そこはまだ未定なのよ。

・通常ルート召
喚師の一族の話を聞きつけ、近くの町で情報収集するイベントが発生。
しかし収穫はなく、とりあえず次の町で情報収集しようという流れになる。
その道中で魔物におそわれる少女を助ける一行。
一行にお礼をいい、立ち去ろうとする少女を呼び止めれば次のイベントが発生する。
ここで呼び止めなかったら、聖裏ちゃん(それか朱月ちゃん)を仲間にしなければ影之の仲間入りはない。
呼び止めた場合、召喚師の里へいく有力情報をゲットする事が出来る。
少女はその里へ向かう途中なので、護衛もかねて同行するという流れに。 
召喚師の里についたら、情報収集もかねての散策(と、仲間になってくれる召喚師探し)を始めれる。
「蒼黒神社」へは最初行くことが出来ないが、里の中を全て回れば蒼黒神社へ行くイベントが発生する。
蒼黒神社内では、各自自由行動と言うことで、プレイヤー1人行動をする事になる。
この1人行動の際に、神社の奥殿に通じる渡り廊下を歩いていると、手鞠歌が聞こえてくる。
その手鞠歌を頼りに神社を散策すると、境内の陰の方で手鞠をついている影之を発見。
声をかけようと近づくと、プレイヤーを見て影之は一目散に奥殿へと走っていってしまう。
追いかけようとすると呼び止められ、仲間がいた神社の本殿に戻される。
そして本殿で神主と召喚師を仲間にしたいというが、断られてしまう。
その時に女性の悲鳴が聞こえ、あわてて外に飛び出る一同。
外では大きな鳥居の前で魔物に襲われている人がいる。
ここで戦闘イベント発生(強制)
戦闘で勝利すると、影之をつれて山頂の祠を目指すイベントが発生する。
このイベント時は影之はメンバーからはずせないため、HPが高めのキャラと、APの高めのキャラ、回復担当のキャラを入れておくとよい…かも。
回復魔法は単体のみでもおk、影之自身が全体回復の術(小)を覚えているので。
山頂イベントが終われば、はれて影之はお仲間入り。
※今のところはこれだがまたあとで詳しくかくの!! 

影之離脱ルート
◆邪神・蒼黒ノ影(魔王影之)
封じられた神の力に鳳凰の力が蝕まれ、取り込まれた結果、新たな厄災をもたらす神が誕生した。 
影之失踪後、天鳳郷へ戻ると、時間は夕闇に支配された逢魔ヶ刻。
もうすぐ天鳳郷につくという時に、黒煙がいくつも立ち上っているのが見える。
その方角は天鳳郷で、急いで向かう一同。
 
天鳳郷につくと、そこは溢れ返った魔物と、それから身を守る里の人間達がいた。
ここで強制的に戦闘イベント(連続)
戦闘イベントが終わると、里の者に何があったか聞く。
そこで影之がここに戻ってきて、蒼黒神社へ向かったとの情報をゲットする。
蒼黒神社へ向かうと、そこはもはや魔物の巣窟とかしていた。
魔物を倒しながら本殿に行くと、神主と巫女数名と男衆に会う。
影之がご本尊を手に入れたら事態はさらに悪化するとのことで、急いで影之をおう一同。
しかしここで数カ所に影のの使役する者達が行く手を阻む。
そして祠についたが、すでに影のはご本尊を手中に納めたあとだった。
ご本尊は影之の片腕と融合し、仲間と対話後、闇の中へと消えていった。
山頂でのイベントはいったん終了。
次のイベントは本殿で神主に話しかける事でスタートする。
本殿で神主に話しかけると、影のの行き先がわかる。
地下への入り口は神主が案内するが、地下への入り口へ向かう道中、急に魔物が活性化し始める。
慌てて応戦する一同+神社の者達
戦闘を数回終えると、神主が君たちは先に行けと言い出す。
そして仲間の数名が自分達がここに残るから、先に行ってくれと言い出す。
この時地下へ行く道へのメンバーは影のと交流の深い者が自動的に選ばれるが、同等の者がいた場合、HP/MPの具合から算出される
。地下へ行く道の入り口に、影のの仲間が1人中ボスとしている
※裏切りした人でもいいね!!!
ボスを倒すと、入り口から地下へといける
因みにボスを倒すと、セーブポイントとHP・MPの全回復できる場所が出現するので、ここでセーブと回復をしておくとよい。
地下への道を抜けると、巨大な地底湖があり、その中央に黒と蒼で彩られた大社がある
その大社へは大きな渡り橋がかけられているが、渡り橋で大社に向かう途中、大きな大蛇と戦闘になる
※あとはまた後で~

◆狂神・黒葬(狂い影之)
山に封じられた神の魂が復活し、影之の精神をむしばんだ結果、復活を果たした
ここらへんまだ未定~

うん、ホント楽しいね!また追記しにくるかも!!!

拍手[1回]

PR
Comment
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/15 backlink service]
[02/01 影ノ虚]
[01/14 Nigh-t-rA]
[01/10 影ノ虚]
[01/10 影ノ虚]
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
カウンター
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]