忍者ブログ
小説などのネタ帳
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず口調と絡み練習、追記に駄々漏れ

※補足
氷凍の黒翼は冰帝が作った組織のようなモノというかなんというか
まぁとりあえずグループ名で(まてや)


【いい加減覚えろ】

黒麻「(首尾は良好・・・後は仕上げのみ・・・!!)っ・・またお前達か・・!!」(振り返り)
霧生「おー、また会ったな」(気ダルげ)
黒麻「(・・見た所、霊属1人か・・・あのモノクルがいないなら・・)今日こそお前を斬り捨てる・・・!」(斬りかかり)
キィン!!!!(金属がぶつかる音)
黒麻「っ!!」
霧生「・・そー簡単に斬られてたまるか、痛ぇだろ」(刀片手で用意に受け止めてる)
黒麻「くっ、この・・・!!」(何度も斬りつけ)
霧生「ったく・・・あいっかわらず気性の荒ぇ奴だな・・剣戟が乱れてるぜ・・・!?」(キィンッ!と黒麻の刀を弾き)
黒麻「くっ・・・!」(一旦距離を取って構える)
霧生「あー、くそっ・・・殺る気満々ってか・・俺ぁあんまりを相手にしたくねぇんだっての」
黒麻「俺はだと何度言えば覚えるんだ貴様はぁあぁぁぁぁぁ!!!」
霧生「・・・え、マジk」
黒麻「貴様の脳みそは鶏以下かというか切り刻んで鶏の餌にしてやる


霧生ちゃんはよく黒麻を女子と間違える(体が華奢だし意外と顔が中性的?だから)



【レイン】

業軌「(下準備も整った・・・後は事のなりゆきに任せるのみ、か・・・)」(傘から顔を上げて降りしきる雨を眺め)
シェスカ「あの、すみません」(びしょ濡れ)
業軌「ん?(・・女か・・情婦ではなさそうだな・・)どうかされたか?
    こんな雨の中を、傘も差さずに・・・」(そっと傘をシェスカの上に)
シェスカ「ちょっとお尋ねしたい事がありまして・・・この近くに傘を買えるお店をご存知ありませんか?」
業軌「傘を?」
シェスカ「はい、この雨の中を歩くのは・・・流石に凍えてしまいそうで」(苦笑して)
業軌「あぁ・・
    (ふとシェスカが来た方を見て/傘が被せられたダンボールを見て/中から動物が顔を出してる)
    ・・・なるほど・・・」(ふっと口元だけ笑みを浮かべ)
シェスカ「・・・ご存知ないですか?」
業軌「店は知らぬが、傘ならここにある」(そっと自分の傘を差し出し)
シェスカ「えっ、でも」
業軌「構わない、雨に濡れるのは慣れている・・・それに近くの店に入る予定だったんだ。
    この雨が止むまで、そこで雨宿りでもしているさ」
シェスカ「・・・ありがとうございます」(微笑んで/会釈をして傘を持って歩いていく)
業軌「(それを見送りながら)・・・この土地にも、まだいたのか・・心優しき者が・・・」
    (シェスカとは別方向に歩き出す)

※業軌とシェスカの初顔合わせ的なスキット、書いてて業シェ!ってなりかけた(笑)



【先手必殺】

サディス「・・・・・・・・・」
和樹「・・・あの、サディスさん;?」
サディス「・・・何です?」
和樹「あの、前髪で目が隠れてる人・・・さっきからジッとこっち見てますよ;?」
サディス「目の錯覚か霊的な物でしょう、気にしては負けです
死喰「くくっ・・無視をするという行為は、相手に対して少々失礼だと思いますよ?シフォード殿・・くくっ」
和樹「!?うぉっ!?いつの間に目の前に!?!?」
サディス「『全てを無へと還す無間の劫火、我が剣となりて邪を斬り捨て焼き払え
     劫火の聖剣<ガルディス・レイスティル>!!」(剣を象った深紅の炎が死喰を貫く)
和樹「間髪入れずに何やってんのサディスさん;!?!?
死喰「この少年の言う通り!本当に貴方という方は気が早い・・。
    まだ挨拶も交わしていないというのに・・・くくっ」(いつの間にか和樹の後ろに)
和樹「うぉ!?!?いつの間にって無傷!?!?」
サディス「『形無く、されど血肉を断つ風の刃・・・触れるもの全てを灰へと還す、紅蓮の炎・・』」
和樹「え、ちょ、サディスさんそれって属性融合魔法の・・・;!?
    ま、待ってサディスさん俺この角度じゃ巻き添えくr
[音声中継が途絶えました]

※さっちんは死喰がちょっかい出してきたら全力で殺りにかかるかもしれないというスキット(確定じゃないんかい)



【敵でも言わせてもらいます】

夜行「よし、次元の歪みも修復できた・・・しかし何故こんな所に・・・!?」(いきなり後ろから抱きしめられて)
夕鴒「フフッ・・やっぱり来てしまったのねぇ・・素敵なト・ノ・ガ・タ・v」(フフッと笑い)
夜行「っ!」(バッと押し退けて)
夕鴒「(バサッと鳥のように空中を飛んで木の枝に)あら冷たい・・・女にはもっと優しくすべきではなくて?」
夜行「また貴様か・・・」(ギリッと睨みつけ)
夕鴒「ウフフ・・・そんなに見つめないでくれません事?
    そんなに熱く見つめられては、妾も照れてしm」
夜行「貴様!まだそんな不埒な格好をして・・もう少し布のある服を着ろ!前にも言ったはずだぞ!!
夕鴒「あら・・・アレ本気で言ってたの?てっきり冗談かと思ったわぁ?だって妾達は敵同士でs」
夜行「敵も味方も関係ない、今すぐ服を着ろ」(真顔)
夕鴒「その言葉が服にではなく恋愛などにであったならと思わずにはいられないわ

※夜行鴉はたとえ敵でも服の指摘をする頑固親父(ぇ)

拍手[1回]

PR
Comment
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/15 backlink service]
[02/01 影ノ虚]
[01/14 Nigh-t-rA]
[01/10 影ノ虚]
[01/10 影ノ虚]
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
カウンター
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者アナライズ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]